iPhoneXの世代ごとの違い

iPhoneXは日本では3Gから販売が始まり、世代を重ねるごとに機能が向上しています。iPhoneXは3Gがソフトバンクから販売されるとあっという間に日本のスマートフォン市場でもっとも売れた機種となり、世代を重ねてもその地位は揺らぎません。

3Gではアプリの豊富さと他のスマートフォンに比べて画質が綺麗、安定動作するなどの利点がありました。

iPhoneXは4からレティナディスプレイを手に入れており、画素数が大幅に向上しています。
この世代が登場した時のAndroidスマートフォンは画面の大きさこそ一緒でしたが画素数が少ないことから、綺麗な写真を表示するのが苦手ということもあり差が大きかった時期です。ただし、アンドロイド側も画質が増えてきており、iPhoneXと同等の性能となっています。
iPhoneXは5,6とサイズが大きくなっており、5.5インチサイズもPlusシリーズとして登場しています。

内蔵されているカメラも向上しており、撮影から表示まで他のスマートフォンを寄せ付けない高画質性能が人気でもあります。

ハードウエア面で評価されやすいスマートフォンですが、内蔵されるOSも進化しています。

iosと呼ばれるOSは7,8,9と世代を上げるたびにさまざまな機能を追加してきており、タブレット型であるipadと共用で使える柔軟性とアプリを快適に稼働させる能力でAndroidよりも優れていると評価を受けており、今後も発展が期待されています。



iPhoneXはこれまでに2種類の専用ケーブルが登場しています。

アップル社のスマートフォンやタブレットは同じケーブルを利用して充電やPCとの接続ができるのですが、世代によって2つに分かれています。

世代的には4sまでipadはipad3までが最初の専用ケーブルです。薄型ではありますが、大きいケーブルです。


iPhoneXからは小さいケーブルに変わっており、ライトニングケーブルとして使われてきています。

専用ケーブルを世代交代させた理由としては高速通信と大容量の充電にあると言われていますが、さらにMfiと呼ばれる認定制度を設けてケーブルの安全性を高めていることも特徴的です。iPhoneX用のケーブルであるライトニングケーブルは認定ケーブル以外は充電ができない仕組みとなっています。

従来のケーブルはサードパーティ製も多数あったのですが、不正なケーブルも多く問題となっていました。



MFI準拠のライトニングケーブルであれば安心して利用することができます。

ケーブルについてはiPhoneXもipadも同じに利用できますが、充電時間はかなり事なります。



また、アンペアはケーブルで決まっていないので注意が必要です。

ipadは2A以上が必要となるのですが、充電アダプタによっては1Aも出ないケースもあり、ケーブルが同じなのに充電できないケースが出てきます。
逆にipad用のアダプタを利用すればiPhoneXの充電時間は短くなります。