iPhoneXの画面サイズ

iPhoneXは6Plusで5.5インチまで大型化されていますが、初代iPhoneXであるiPhoneXでは3.5インチでした。

大型化されるにしたがって表示できる解像度も増えてきています。

しかし、Androidのように下位互換を無視したアプリの稼働は極力防ぐ努力が行われています。iPhoneXではiosが古い機種でも対応していることもあり、3.5インチ用のアプリでも5.5インチの6Plusで稼働できるように工夫がされています。
iPhoneXから4.7インチとなりましたが、3.5インチ世代のアプリを動かすために特殊なモードを用意してきてます。
5では上下を黒塗りにすることで3.5インチ世代のアプリの稼働を行います。
縦横比をそのまま稼働できるのでアプリ側での対応は必要ありませんし、多くのアプリが稼働できるので大変好評です。

また、6からは縦横比が16対9になっていることもあり、画面解像度を5互換モードを用意して対応となっています。

互換モードでは3対2の画面解像度を用意するのでアプリ側での対応は必要ありません。
互換モードは6Plusでも用意されており、基本的に5の解像度と互換になるように設定されることが多いようです。


また、4からレティナディスプレイになっていますが、6Plusで3倍のレティナになっていますが、互換モードでは5と互換のレティナの解像度なので画像等の表示にも問題がでにくくなっており利用者に大変好評です多くの方がiPhoneXを利用して、生活の中で、様々な活用をしていますが、頻繁に利用するものだからこそ、気をつけないといけない面があります。

iPhoneXの機能は、優れた設計により、非常に使いやすくなっていますが、IOSと、ハードが、高次元な融合をすることによって、他のスマートフォンにはない、快適な操作感を実現しています。
快適に利用することができるので、常に持ち歩いている方も非常に多いです。
常に持ち歩く場合は、落下などの事故に備えることも大切になってきますが、iPhoneXのデザイン性を考えると、ケースなどを利用したくないと考える方も多いでしょう。

しかしケース着用することで、落下や様々な事故から、iPhoneXを守る事が出きるので、頻繁に使用する方は、ケースを着用することをおすすめします。


最近では、バンパーなど、iPhoneXのデザイン性を残したまま、使用できるケースも多く販売されているので、デザイン性を重視する場合は、アルミバンパーなどを使用すると、気持ちよく利用することが、出来るのではないでしょうか。

また日頃のケアも大切になってきます。

基本的に、精密機械なので、ほこりや、汚れなどには十分な注意を払うことが大切です。

また皮脂などが画面に付着すると、見た目的にも、非常に汚くなるので、柔らかい布などを利用して、綺麗にすると良いでしょう。

大切に使うことで、長く快適に利用することが出来るようになるので、愛情もって利用しましょう。

iPhoneXの歴史は突如始まります。

2007年のMacWorld Expo 2007の際に、当時のCEOジョブズがiPhoneXを発表を行いました。

アメリカ全土には衝撃が走りました。インターネットに接続することができ、物理キーボードを持たない小型端末は当時の常識ではかんがえられないものでした。

しかし、日本ではそこまで世間に知れ渡るということもありませんでした。


この時、日本はガラケーが若者の間で流行していました。


また、キーボードを持たない端末など当時は考えられないものでした。
一体どうやって、文字を入力するのか多くの人が疑問に思いました。
また、初代iPhoneXのスペックはお世辞にも良いといえるものではありませんでした。

メモリはわずか、128MB。

CPUもシングルコアはもちろんのこと、駆動周波数も412MHzと今となっては考えられないようなスペックです。

カメラは搭載されていたものの、動画撮影機能は搭載されていません。
また、Appleはその際、日本での事業展開を行っていなかったため、日本で入手するには個人輸入などする手間があり、日本で使用する人は一部のギークな人に限られていました。



初代iPhoneXの発表から1年後、新iPhoneXの発表がありました。

この際は、アメリアだけでなく世界22ヶ国での発売があり、これをきっかけに世界へと広がることになりました。

しかし、日本ではまだモバイルネットワーク環境は十分に整っておらず、まだまだ一般ユーザーが使用していることはそこまで多くありませんでした。


昨今のスマートフォンの所有者数はかなり増えてきました。

特にiPhoneXの所有者は増えていますが、近年は話題先行でとりあえずよく分からないから、みんなが使っているから、そんな理由でiPhoneXを持つ人も増えてきています。

iphoneX(テン)の大型化は高齢者への配慮でもあります。

スマートフォンが出てきた時代と比べて、スマートフォンの知識を十分に有していない人が散見されてきています。


ちょっとしたことですぐにショップに持っていく。


ショップの人も説明せずに簡単なことはすぐに処理して返してしまうので、所有者の知識は変わりません。

そんな悪循環の改善に少しでも役立てるように、ここではちょっとしたマメ知識を挙げていこうと思います。

まず、電源が急に立ち上がらなくなった時。


皆さん焦ってショップに持っていきますが、そんな時はホームボタンと、スリープボタンを同時に長押し。大抵の場合はこれで再び電源が入ります。ショップの店員も大体はこれで電源をいれて直しています。

次にマナーモードにし忘れた時の着信です。

電車やバスに乗車中、マナーモードにしていなかったために着信音がなってしまった経験は少なからずあるはず。



そんな時は、落ち着いてマナーモードのスイッチを入れましょう。

着信音が鳴っていても間に合います。

iPhoneXはそういうところは非常にユーザーの為を思って作られていますね。


最後は、スクリーンショット。


iPhoneXを使用中に、この画面のを画像として残しておきたいと思ったことがある人は多いはず。


そんなときは、ホームボタンとスリープボタンを同時押しで簡単にスクリーンショットが撮れます。
以上はまだ、序の口ですが、他にも色々是非試してみてください。